あの方から、手書きのお便りが届くとき、毎回、優しさについて想います。

優しくなりたいと思っているのに
自分の想いが強すぎたり、相手の受け取り方次第で、勝手に傷ついたり
まだまだ「自我」が出過ぎることもしばしば。

ゆっくりと、様子を見ながら生きていけるように。

そんな自省を呟きながら・・・・・
彼女の謙虚さの中にある、ユーモアと、女らしさが、優しい文字と共に。

いつも、本当にありがとうございます。
また、シャバーサナ(夢)で会いましょう♡