daily diary

~日常にヨガを綴って~

私が想うヨガ講座③

ティーチャーズトレーニングの1日目の講座の資料が出来上がって来ました。
きました、というと、他人事のように聞こえるかもしれませんが、
だんだん出来て来たという意味で、何回もやり直しています。

これまで私も、様々なティーチャーズトレーニングを受講してきました。
これからも学びに行くかもしれません。

その中で得たことは、自分が行うなら
「価格に見合った、時間効率よく合理的に進む」講座を目指すことです。
忙しい日々の中で、学ぶ時間を確保することの大変さは、OLをしながら
様々なことをやって来た自分は、ある程度わかっているつもりです。

「海外ヨガ留学」なんて夢のまた夢、いつもサイト閲覧し、いいなと思っていました。
でも、その環境での「特典」には、敵わないけど、私がやるとするなら可能なことは?
「ささっと取運ぶ」ということではなかろうか?と使命を感じています。
ささっと、というと、概要だけで、端折って、スルーするという意味ではなく
必要なことを、わかりやすく、最初から資料をまとめておくと良いなということです。

そんなわけで、通常なら数日に分けて行うだろうことを1日でやってみようかと思っています。
その良し悪しは、また自分が体感して、2週目にフィードバックして行きたいと思います。

私自身は、有名なインストラクターが持つ凄みという「価値」は無い、
成り上がりのインストラクターですが、だからこそできることもあります。
ヨガを学びたい人、教えたい人、レッスンで行き詰まってる人、
とりあえず、入り口に立ちたい方へのお手伝いは出来ると思います。

営業も、宣伝もしていないこの講座に目をつけてくださる方は
きっと、その「匂い」をクンクン嗅ぎ分けてるのだろうなと思います。