daily diary

~日常にヨガを綴って~

泣けてくるほどに。

2015-02-24-23-54-10_deco

 

最近、ヨガの勉強を始めたころの本や、聴いていたヨガにまつわるミュージック、
DVDなどに再び触れています。

体力勝負?的にヨガのレッスンを受講したり、毎日のように朝ヨガに行ったりしなくなってから数年経ちますが
それでも「ワタシには、ヨガが合うな」という気持ちは増すばかりです。

あまのじゃくで頑固なワタシは「インテグラルヨーガ」という本を読んだときに、
「この中に書いてあること、学校で先生に言われたりばぁちゃんに教えてもらったことと一緒」
と、心の中で「ヨガがすごいことを教えてくれるわけでは無い」とささやかに抵抗していました。
だけれでも、それは「そうそう、そうだよね、って頷いて感動している」裏返し。

そうこうして数年が経ち、少しは大人になったとして、その心持の行先をまとめると・・・・
起こりゆくあらゆる事象に対して「ゆくゆくところはこうなんだよ」と教えてもらう事が
私にとっては「ヨガという事を介して」の道のりが心地よいんだと実感しています。

相変わらず、口コミだけの、宣伝不十分な感じでやっているなかで、この頑固者の私に
「仕事を与えてくれる」「必要としてくださる」あれこれがあることに感謝しています。
「ヨガの世界」がどうのという前に、仕事をする、独り立ちする、生きて行くという過程で、
その部分の私を観てくれ、理解してくださる方が居ることに救われています。

少しずつ、ゆるやかに物事が動いているこの数年。
さらに凝縮したここ数日間のやさしさに今夜は泣いています♡